My CMS

中国語翻訳会社ジェーシー・コミュニケーションのブログです。

中国や韓国がアフリカの土地を買っている件

without comments

中国、韓国、中東諸国などがアフリカ諸国の農地をたくさん購入しているようです。

 

エコノミスト誌

http://www.economist.com/world/international/displaystory.cfm?story_id=13692889

 

食物を多量に輸入している国はフードセキュリティの観点から、途上国(特にアフリカ諸国)から農地を購入(または長期リース)しているとのこと。目的は購入した土地を近代的大農園にして食糧を輸入することである。これは非常時にも自国へ確実に食糧が届くようにすることである。

 

その中でも群を抜いて購入面積が高いのが中国。過去3年間で80万ヘクタールを購入した二位の韓国に比べて、中国は280万ヘクタール購入してます。三番手以下は中東国家が続きます。

 

日本でも食糧安保が騒がれてますが、ここまで直接的な手を打つことが検討されたことはありませんでした。食糧備蓄などごまめのはぎしりみたいな議論ですし、シーレーンをいくら整備しても、運ぶべき食糧そのものが確保できないリスクも考えるべきでしょう。隣の中国や韓国にならって検討してもいいかと思いますがいかがでしょうか?

 

《早い、安い、正確!》を提供する中国語翻訳
株式会社ジェーシー・コミュニケーション

Written by jccommunication

April 8th, 2013 at 5:04 pm