My CMS

中国語翻訳会社ジェーシー・コミュニケーションのブログです。

受動態と能動態(英語の場合) - 中国語翻訳会社のブログ

without comments

本日、ちょっとした用事があって同業の翻訳会社のホームページを見る機会がありました。そのページにはサンプル翻訳として英語の原文から日本語への翻訳が記載してあったのですが、どうしてもその英語が不自然なのです。思わず日本語の原文を英訳した内容を英文和訳とごまかして記載しているように疑ってしまったくらいです。

 

そして、どうしてその英文が不自然と感じたのか色々と分析してみました。確かに語法や文章の流れなどがおかしい部分があったのですが、一番不自然なのは受動態が多いということ。

 

例えば、(混雑した電車などで)「だれかに押された」という文章は普通の日本人だと、

 

I was pushed by someone.

 

としてしまうのです。

 

しかし英語的には、

 

Someone pushed me.

 

の方が自然です。

 

これは主語を省略してしまいがちで、受動態が多いという日本語の特徴に理由があります(「だれかにおされた」と考えた時点でもうすでに受動態ですから)。難しいとは思いますが英語の文章を書くことが多い方は意識して能動態で書くだけでかなり自然な英語になります。

 

ちなみに、イギリスの有名な高級誌であるEconomist誌は英語のスタイルガイドをホームページに記載してますが、そこでも受動態をやめて能動態で文章を書くようにアドバイスしてます。英語ネイティブでも不必要に受動態で書いてしまう事があるくらいですから、日本人にとってはなおさら難しいですよね。

 

■Economist.com Style Guide

http://www.economist.com/research/styleguide/

 

このスタイルガイドはネイティブの、しかもプロのライター向けに書かれてますので細かい点まで色々とアドバイスしてます。しかし上級英語を勉強している方でしたら色々とためになる情報もあると思いますので一読することをお勧めします。あのエレガントなEconomist誌の英語に一歩でも近づけるかもしれません。

 

《早い、安い、正確!》を提供する中国語翻訳
株式会社ジェーシー・コミュニケーション

Written by jccommunication

April 1st, 2013 at 2:53 pm

Posted in 中国語翻訳