My CMS

中国語翻訳会社ジェーシー・コミュニケーションのブログです。

Archive for the ‘中国政府’ Category

中国や韓国がアフリカの土地を買っている件

without comments

中国、韓国、中東諸国などがアフリカ諸国の農地をたくさん購入しているようです。

 

エコノミスト誌

http://www.economist.com/world/international/displaystory.cfm?story_id=13692889

 

食物を多量に輸入している国はフードセキュリティの観点から、途上国(特にアフリカ諸国)から農地を購入(または長期リース)しているとのこと。目的は購入した土地を近代的大農園にして食糧を輸入することである。これは非常時にも自国へ確実に食糧が届くようにすることである。

 

その中でも群を抜いて購入面積が高いのが中国。過去3年間で80万ヘクタールを購入した二位の韓国に比べて、中国は280万ヘクタール購入してます。三番手以下は中東国家が続きます。

 

日本でも食糧安保が騒がれてますが、ここまで直接的な手を打つことが検討されたことはありませんでした。食糧備蓄などごまめのはぎしりみたいな議論ですし、シーレーンをいくら整備しても、運ぶべき食糧そのものが確保できないリスクも考えるべきでしょう。隣の中国や韓国にならって検討してもいいかと思いますがいかがでしょうか?

 

《早い、安い、正確!》を提供する中国語翻訳
株式会社ジェーシー・コミュニケーション

Written by jccommunication

April 8th, 2013 at 5:04 pm

中国元は操作されてるか? - 中国語翻訳会社のブログ

without comments

中国の通貨である元は中国政府の方針により長い間不当に安く抑えられてる(=自国通貨が安いと輸出に有利になる)と考えられてました。私もそう考えてましたが、実際はそれほど安く抑えらてるわけでもないようです。

 (かなり古い記事ですが。。。)

■The Economist

http://www.economist.com/finance/displaystory.cfm?story_id=13059709

もともと、元が安すぎるという主張は、元のPPP(purchasing-power-parity: 為替レートは長期的には多国間の通貨における購買力が等しくなるように推移する、という考え方)による購買力が、ドルに比べて高すぎる(=ドルにくらべて元の価値が低すぎる)という事実に基づいていました。ようするに、(現在6.83元が1ドルなのですが)6.83元で中国で多くの物やサービスを変えるのに、同じ価値を持っているべき1ドルではアメリカでより少ない物しか買えないということです。だから、1ドルに対して元はもっと高い価値を持っているという主張です。

 

しかし、この主張には一つ足りない要素があって、それは途上国では人件費が安いのでどうしても物価が安くなりやすいという部分です。これは私の体験からも同じことがいえるのですが、為替レートで単純に価格比較した場合、どうしても途上国では値段が安くなる傾向にあります。よって単純なPPPによる価値算定ではどうしても先進国と途上国でずれが生じるのです。

 

そこで、途上国における人件費の安さを鑑みて中国元とアメリカドルを再評価したところ、中国元はそれほど安くはなかったとのことです。(調査によって違うが、だいたい-5-10%程度のずれとのこと)。

 

それにしても、正しい為替レートを算出すること自体が難しいのですから、十分な調査なしに外国政府に為替操作をやっているかのような批判をするのは失礼なことかもしれません。

《早い、安い、正確!》を提供する中国語翻訳
株式会社ジェーシー・コミュニケーション

Written by jccommunication

April 4th, 2013 at 4:55 pm