翻訳会社の選び方 5つのポイント

ホーム > 翻訳会社の選び方

翻訳会社の選び方の5つのポイント

ネィティブによる翻訳

翻訳はネイティブがやるべきです。場合によっては、下訳(最終翻訳の前の準備段階の翻訳)はネイティブじゃない人がやっても問題ないかもしれません。それでも最終チェックは必ずネイティブがやるべきです。なぜなら言葉にはネイティブにしか見えないニュアンスがあり、そこから思わぬミスが発生しうるからです。翻訳会社を選ぶ時は、必ずネイティブが翻訳作業をやっているのか確認しましょう。

専門性

翻訳の分野は、ビジネス文書から特許申請書まで様々な分野があります。その翻訳会社が持っている専門分野を考えて発注先を選ぶのがベストです。一部、「全分野対応可能」とうたっている翻訳会社がありますが、そのほとんどが全分野をカバーできる専門スタップを持っておらず、他の翻訳会社に外注しているのが実情です。不必要な中間業者に時間とお金をとられるよりも、専門性をもった翻訳会社に直接翻訳を頼みましょう。

サービス

フレキシブルなサービスを提供していない会社は、凝り固まった社内規定に縛られてビジネスをしている証拠。また、翻訳作業を下請け会社に出しているから柔軟な対応が出来ないのかもしれません。まずはお客様のニーズをぶつけてみて、その会社がどれくらい顧客主義かをはかってみるのもいいかもしれません。

スピード

早い仕事は質が悪いと思われがちですが、そんなことはありません。極端に短い納期は質に影響がありますが、一部の例外を除いて翻訳は納期が短い会社の方が質も高い傾向にあります。納期が長いのはスタッフが足りない場合や仕事を外注に出している場合が多いからです。反対に自社に能力の高い専門スタッフを抱えている場合、納期が長くなることはまずありません。発注する仕事の量と納期のバランスを見ながら翻訳会社の翻訳処理能力を見てみましょう。

説明責任

医療業界におけるインフォームドコンセントのように、翻訳業界にもお客様への説明責任があります。翻訳の文体はどうするのか、原文に不明な点がある場合はどのように処理すべきなのか。それらすべてを説明して、お客様の合意を得た上で翻訳サービスを提供すべきです。逆にお客様からは翻訳会社へいろいろ質問してみましょう。そこで納得のいく答えが返ってくる会社がいい翻訳会社です。

弊社の翻訳品質へのこだわり

ジェーシー・コミュニケーションのここが簡単!

  • 質問 Question

    ジェーシーコミュニケーションなら、質問し放題!

  • リクエスト Request

    ジェーシーコミュニケーションなら、リクエストし放題!

  • 親切 Kindly

    ジェーシーコミュニケーションなら、オペレーターが親切に対応!

株式会社ジェーシー・コミュニケーション 050-5809-5157 お問合せ・資料請求・お見積り依頼はコチラ
英語・中国語翻訳の最安値保証値段 サービス例 代理店/翻訳者募集